SDGs  ギャラリー

 

SDGs ギャラリーでは、『美ら島  沖縄  2030〗に向けて

私たちの取り組みの一部を紹介していきます。 

 

                                                     ※【ご注意】

                                                  これら写真の著作権は、沖縄環境分析センター及び写真撮影者などに帰属しており、

                                          著作権法及び国際条約により保護されています。

                                          これらの情報について、著作権法上認められた「私的使用のための複製」や「引用」

                                          などの場合を除き、無断で複製、転用等をすることはできません。


渓流(東村)林内    2021年8月 
渓流(東村)林内 2021年8月 
オキナワウラジロガシ(国頭村)2021年8月 
オキナワウラジロガシ(国頭村)2021年8月 
オキナワウラジロガシ(国頭村)2021年8月 
オキナワウラジロガシ(国頭村)2021年8月 

 

私たちの会社には、樹木医になって8年目の社員がいます。

休暇を利用して「むい」を歩くのが楽しみで、「やんばる」には、月12度は出かけるそうです。

そんな彼が、3枚の写真を投稿してくれました。

 

一問一答です。

 

Q:私たちが大切にしているやんばるの森ですが、樹木医として、やんばるの森を安全に楽しむ ために必要なことや、観光客の皆様に守ってもらいたことを教えてください。

 

A:やんばるには、島しょ特有の個性的で多様な生態系が形成されています。その生態系を保全するために国や沖縄県、民間など、多くの人たちが様々な取り組みを行っており、法律やルールも決められています。やんばるを訪れた際には「やんばる3村観光案内所」を訪れてみてはいかがでしょう。散策やトレッキングなど森の中に入るときの注意点・ルールに加え、現地ならではの情報も入手できるかもしれません。

 

写真:樹木医a

 


伊波メンサー織(うるま市指定文化財)

時期: 2021年7月30日

場所: 社長室テーブル(弊社)

 

 コメント:写真は、今回新調した「伊波メンサー織のテーブルセンター」です。

私の住む、うるま市伊波集落に古くから伝わる織物です。

伊波メンサー織の名刺入れも7年近く愛用し続けています。

 「伊波メンサー織」は、地機の原型と思われる原始的用具を用いて織られ、日本に現存する織物では、北海道(アイヌ)の「アットゥシ織」、東京都八丈島の「カッペタ織」と3例しか見られず、非常に貴重なものです。

 

 ※「経営方針(20194月制定)」の励行

・お客様ヘ正確で信頼ある情報を提供する。

・社員ひとりひとりが知識と技術を向上させる。

   ・社員の幸福と事業の継続的な成長を目指す。

  写真・コメント 渡久地 博之


廃棄物処理現場視察

場所:アメリカ合衆国ハワイ州オアフ島

時期:200147

 

コメント:ハワイの産業廃棄物の仮置ヤードです。2001年当時ハワイでは、ゴミを燃やして処

理「することがなかった。燃えるゴミも、燃えないゴミも、まとめて埋立に使われていました。

しかし、ワイマナロにある埋立地の容量が限界に近づき、2028年までに閉鎖される予定です。

 

 そこで、行政の指導の下、次のような最新の取り組みが始まっています。

SDGsを基準に、ハワイ州の目標を設定した特別プログラム『アロハ+チャレジ』を策定

・リサイクルを推進することで、2030年までに固形廃棄物を70%削減する目標を設

・アロハ+チャレンジのホームページに進捗状況を公開

 

*「環境方針(20194月制定)」の励行

・法令順守による環境マネジメントシステムの維持・管理、継続的改善に努めます。

・環境調査・分析・測定及び地域環境づくりを通じ、環境の保全と保護に努めます。

3R(リデュース、リユース、リサイクル)を推進し、循環型社会形成に努めます。

 

                                写真・コメント 大濱 徹


 

場所:アメリカ合衆国テキサス州サンアントニオ(アラモの砦)

時期:2001年3月30日

 

コメント:623日は、沖縄県が制定している記念日で、沖縄戦(第二次世界大戦)の戦没者を追悼する日です。どの戦争でも犠牲者がでます。ひとり、ひとりの命の大切さを考えたい。

 

SDGs目標16 「平和と公正をすべての人に」

・「紛争と災害」によって奪われる、生きられるはずの「命」

・「紛争と災害」によって奪われる、子どもたちの「未来」

・もし、あなたの子どもが、毎日悪夢を見ているとしたら?

 

 

写真・コメント 大濱 徹


場所:弊社(沖縄環境分析センター) 庭の池

時期:2021年5月28日

睡蓮(スイレン)

・学名は「Nymphaea」ギリシャ神話の水の妖精の名前Nympha(ニンファ)に由来するとされています。睡蓮とは水の上に浮かぶような花を咲かす水生植物です。整った花形、水に浮かぶ涼しげな姿が印象的で、夏を連想させる美しい花です  

・開花時期は初夏~秋

・花言葉は「清純な心」「信頼」「信仰」

 

コメント:庭の池に1年前、小さな睡蓮を2株植えビオトープ* 作りをはじめました。

砂利を敷き生物の排泄物を、ろ過するバクテリアを定着させ増やし、水質を安定させ、水の透明度も管理し、大切に育ててきました。そして、今年5月にはきれいな白い花を咲かせてくれています。

 

 *ギリシャ語の「bios(生物)」と「topos(場所)」の合成語で生物が自然な状態で生息している空間のこと。

 

「海と森(山)の豊かさを守る」

 公共団体や民間からの各種の依頼業務を通して、陸域生態系及び海域生態系の保護・保全を図り、「森林の保護」、「緑化木の保全」、「サンゴの再生」、「外来種の侵入防止」等に取り組んでいきます。

 

 写真・コメント 中山翼


場所:伊是名屋那覇島の砂浜

時期:夏

コメント:クロワッサンのような無人島の屋那覇島

                         手付かずの美しい砂浜は安らぎの癒し空間

 

公共団体や民間からの各種の依頼業務を通して、陸域生態系及び海域生態系の保護・保全を図り、「森林の保護」、「緑化木の保全」、「サンゴの再生」、「外来種の侵入防止」等に取り組んでいきます。

 

 

                                写真・コメント    伊佐義人


場所:伊是名島伊是名集落

時期:夏

コメント:昔ながらのサンゴの石垣とフクギ並木は沖縄の原風景

                          伝統的な赤瓦の家並みは厳しい自然と調和した居住空間

 

●公共団体や民間からの各種の依頼業務を通して、陸域生態系及び海域生態系の保護・保全を図り、「森林の保護」、「緑化木の保全」、「サンゴの再生」、「外来種の侵入防止」等に取り組んでいきます。

 

                                写真・コメント 伊佐義人


場所:伊是名屋那覇島のイノー

時期:夏

コメント:屋那覇島のコバルトブルーの海

                         想像を超える透き通ったサンゴ礁の海が広がる

 

公共団体や民間からの各種の依頼業務を通して、陸域生態系及び海域生態系の保護・保全を図り、「森林の保護」、「緑化木の保全」、「サンゴの再生」、「外来種の侵入防止」等に取り組んでいきます。

 

    

                               写真・コメント  伊佐義人


場所:名護市屋部の久護家

時期:夏

コメント:100年余りの年月を耐えた豪農の旧家

     集落全体が濃密なフクギの屋敷林に囲まれる

                          静寂なたたずまいの中での生活が偲ばれる

 

公共団体や民間からの各種の依頼業務を通して、陸域生態系及び海域生態系の保護・保全を図り、「森林の保護」、「緑化木の保全」、「サンゴの再生」、「外来種の侵入防止」等に取り組んでいきます。

 

    

                               写真・コメント  伊佐義人